title_nakanishi

1988年ピティナ・ヤングピアニストコンペティション西日本一位、併せて読売賞受賞。
奈良市立一条高等学校外国語科卒業。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学大学院特別待遇奨学生として入学、97年東京音楽大学大学院首席修了。第7回ABC新人コンサートオーディション合格。阪神復興支援コンサート「音楽と街つくりの響きあうゆうべ」、STEPコンサート「未来からくる演奏家を聴く会」、奈良市秋篠音楽堂、大阪いずみホール、奈良市学園前ホール、東京王子ホール、日本大学カザルスホール、東京トッパンホールなどでソロリサイタル。ABC創立10周年記念ガラコンサート出演や、イタリア、スイス、ドイツ、オーストリア、シンガポール、香港、上海、韓国、などでも演奏を行っている。

これまでに、関西室内オーケストラ、大阪モーツァルトアンサンブル、奈良フィルハーモニー管弦楽団、大阪センチュリー交響楽団、飯守泰次郎指揮関西フィルハーモニー管弦楽団、チェコの名門ドレジャールカルテット、アグネス・グロスマン(指揮)、ドイツカンマーフィル管弦ゾリステン、海野義雄氏(ヴァイオリン)、植村泰一氏(フルート)、津堅直弘氏(トランペット)との共演や、故テノール歌手「山路芳久メモリアルコンサート」にて名古屋木実(ソプラノ)、永井和子(メゾソプラノ)、伊原直子(アルト)、吉田浩之(テノール)、多田羅迪夫(バリトン)の各氏等、日本内外を代表する演奏家と度々共演する。2001年のベートーヴェン後期三大ソナタ・リサイタルに対し、大阪文化祭本賞、及び年間のベストコンサートとして音楽クリティッククラブ奨励賞を受賞。2003年、シューベルト後期三大ソナタ・リサイタルに対し、大阪文化祭賞奨励賞受賞。2004年、これまでの活動に対し大阪舞台芸術新人賞受賞。約10年に渡り東京音楽大学講師として後進の指導にあたった後、音楽教育の本質を見直すため、イデアミュージックアカデミーを創立、代表を務める。これまでに、V.メルジャーノフ、A.コンタルスキー、A.マイセンベルグ氏等のマスタークラスを受講。1997年よりS.ルディアコフ氏(シュトゥットガルト音楽大学教授)に、2001年~2006年、ベレゾフスキーやジルベルシュティンなどを育てた事でも知られる名ピアニスト、故アレクサンダー・サッツ氏(元グラーツ音楽大学教授)に師事。

title_iso

4歳よりヤマハ音楽教室に通い、6歳よりピアノを習い始める。桜花学園高等学校卒業。東京音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業、同大学大学院科目等履修器楽科鍵盤楽器専攻修了。第14回江南学生音楽コンクール第3位入賞。第10回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。桜花学園創立100周年記念演奏会に出演。第16回春日井市ピアノ音楽コンクール入選。日本能率協会主催「活性と飛躍の船」に招かれ、国内外で演奏する。
これまでにピアノを中村恭子、原千晴、大西澄子の各氏に師事し、現在中西誠氏に師事。イデアミュージックアカデミー東京教室代表。2歳から大人の方まで幅広く指導。

1994年ピティナ・ピアノコンペティション北四国本選D級第2位、1995年全四国音楽コンクール(中学生の部)愛媛県予選第1位、1996年ピティナ・ピアノコンペティション四国本選E級第2位、1997年ピティナ・ピアノコンペティション愛媛県予選F級第2位、2002年全四国音楽コンクール(大学・一般の部)愛媛県予選第1位,四国本選第2位。2003年東京音楽大学を卒業。同大学大学院を経て、後進の指導にあたり、現在に至る。現在、中西誠氏に師事。イデアミュージックアカデミー東海教室代表。