page_read_08

当アカデミーでは、音楽教育として「人間として何を学ぶべきか」を大切にしております。 そのためには、単にピアノが上手くなるだけではなく、作曲家の魂も大事だと考えております。 偉大な作曲家達は何故生涯にわたり、作品を残し続け、その作品を通じて作曲家と向かい合い、共感し、 作曲家の生き様から大切なものを感受することは、本当に重要なことだと思います。 また、音楽を学ぶと共に幅広く文化全般を教養として身につける事が大切だと考えます。 当アカデミーでは、音楽以外の分野の専門家との交流を体験することにより、 人間として何を学ぶべきかを考える場を提供したいと思います。

pl-201483274969

page_read2_02

school

良く音楽教室や個人レッスンの宣伝で見かける見出しに、『音楽を楽しみながら学ぼう!』や逆に、『コンクール対策、受験対策』等と銘打ったものを見かけます。
当アカデミーでのレッスンは上記のようなものはありません。
何故なら、少なくとも歴史に残る名作は作曲家が楽しみながら作った作品は恐らく一曲もないですし、またコンクールや受験のために書かれた曲もありません。
残念ながら、日本だけではなく、世界中コンクールに優勝でもしないとその後の演奏活動が出来ない状況にあります。そして優勝したとしてもその後演奏家として名実ともに演奏活動を続けるのは困難な状況です。

page_read2_03

特に日本では教える側の問題も多々あるように思われます。コンクールに沢山の生徒を入賞させるのが良い先生だと思われがちです。中にはプロフィール等で、どのコンクールで審査したとか、どのコンクールに生徒を入賞させたとかまで書いているのも見かけます。
確かに先生の能力の一部として、これは大変重要だと思います。少なくともこの時代に順応すべく生徒を導くのですから。そしてその裏には生徒本人、ご家族、先生の凄まじい努力や想いがあると思います。
そしてその指導方法はセミナーや公開レッスンを通じて正しい事として他の先生方にも伝えられます。
それに加え、やはり音楽の世界も実力主義です。
早い段階からコンクールなどで自分の力の限界や、他人に負ける悔しさを味わうのも人生において大切な勉強なのでしょう。

しかし言うまでもなく、音楽で勝ち負けを争うのは作曲家への冒涜以外の何物でもないのです。
作曲家が命を削り、人生をかけて書いた曲を、私たち音楽を愛する者が、本来音楽家が最も嫌う争いの場に使ってしまうのは、本当に矛盾を感じます。挙句の果てに、どのコンクールではこの曲が有利だとか、コンクールではこう弾いた方が良いとか、時間の都合で途中でカット!などと、作曲家がもし生きていたらどう思うでしょう。
もちろん全ての先生がコンクール用のレッスンをしているとは思いませんし、コンクールだからと言って、特別なレッスン形態をとっているとは限りません。しかしコンクールを聴く限り、演奏者の価値観はいかに自分を表現するか、いかに綺麗に見せるかとの能動的な演奏ばかりが目立ち、演奏者が本当に心から音楽に感動している受動的な演奏にはあまり出会いません。
もちろん、日本人のテクニックは世界でも相当高く、好んで言われるように日本人には個性がない等はもう過去の事だとも思います。しかし、優れたテクニックや音楽性があるにも関わらず、心から感動する演奏になかなか出会えないのは何故なのでしょうか。

音楽にできること

何が大切か

口では何とでも言えますが、綺麗事ではなく、教育で人を変えるのは大変難しく、ほぼ不可能に近いのかもしれません。
しかし優れた作曲家の優れた音楽には人を変える力があると確信しています。
結局私達に出来る事は、音楽はいかに素晴らしいか、作曲家はいかに偉大かを伝える事でしかないと思います。そして自分自身がそうであるように、出会った生徒達には、作曲家が身を削って楽譜に注ぎ込んだ命を真摯に受け止め、音楽によって生かされ、命を救われる人間になって欲しいと願っています。
もちろん、日本人のテクニックは世界でも相当高く、好んで言われるように日本人には個性がない等はもう過去の事だとも思います。しかし、優れたテクニックや音楽性があるにも関わらず、心から感動する演奏になかなか出会えないのは何故なのでしょうか。

もしかしたらそれは、感受性と、価値観と、美意識と、生き様なのではないかと思います。作曲家の魂を受け取る感受性、何が正しいのか本質を見極める価値観、本当に美しいものは何なのかを求める美意識、そして生きて行くのさえ過酷な時代に、作曲家達が生き貫いた凄まじい人生や、苦悩に満ちながらも音楽を極める強靭な精神に支えられた生き様。
つまり、作曲家は何を見、何を感じ、何を求め、そしてどう生きたのかを、教える側も、もっと真剣に考えないといけないのではないでしょうか。その為には、表面的なタッチの変化やペダリング、アナリーゼなんて全く役に立たないと思います。
音楽は作曲家が身を削って産み出したものであって、演奏家が自己主張するための道具ではないのです。

slide_piano